そばアレルギー 書 簡

色使いは キリスト看板 http://bluedragon.pos.to/kanban/index.html 調にしてみました。

目 次  危ないものリスト  オピニオン  外遊される方へ  コショウ調査  めん調査  参考文献1  参考文献2  リンク



スパイスメーカーへの手紙
コショウの原材料についてのお尋ね
 食品業界の皆様にはすでにご存知のとおり厚生労働省より「アレルギー物質を含む食品に関する表示について」(食企発第2号、食監発 第46号 平成13年3月21日)という通知※が出されました。同通知の別添2「アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A」のF−4に 「そばは、こしょう等の調味料に含まれる場合もある」旨記載されております。そばアレルギー体質のものがアレルギー発症を避けるためには そばを含む食品を避けるしか方法がありません。ところが厚生労働省の言うようにそばがコショウ等に含まれているとなると、多くの料理・ 食品に目に見えない形でそばが含まれることになります。そばアレルギーはごく微量のそばの摂取で発症するため、このようなコショウ等の 存在はわれわれにとって生命にかかわる大変な脅威です。そこで、香辛料を供給されている業者の皆様に以下のお尋ねをする次第です。 調理後の料理・食品では確かめようもないので、次善の策としてそばを含むコショウを避けるために是非とも必要な情報です。ご多忙のところ お手数をおかけしてたいへん恐縮ですが、健康被害防止のためご協力いただけますようよろしくお願い申し上げます。
1.貴社(店・組合)は一般用・業務用を問わずそばを含むコショウ等を
製造または 販売していますか?
2.そばを含むコショウ等を製造または販売している場合、その
ブランド名製品名 を教えてください。 また、製品容器の外観写真があればご提供ください。
3.そばがコショウに含まれる理由、今後もそのような製品が出まわるかなど本件についてお持ちの
情報が ありましたらお教えください。
 このお尋ねに関しましては、同通知別添1(食企発第4号、食監発第48号 平成13年3月21日)「食品衛生法施行規則及び乳及び乳製品の 成分規格等に関する省令の一部を改正する省令の施行について」の「第3 食物アレルギーに関する情報提供について留意すべき事項」も ご参照いただければ幸いです。
※ http://www.mhlw.go.jp/search/mhlwj/mhlw/topics/0103/tp0329-2b.html
(URL移動の場合はご容赦ください)

麺メーカーへの手紙
私はそばアレルギー体質を持っており、そば混入コショウをはじめ、一見して「そば」を含むことが判らない食品などの調査・研究を行なって おります。そばアレルギー発症の原因となる以下の点につき、貴社での取組およびお持ちの情報をお知らせいただければ幸いです。ご多忙の折 まことに恐縮ですが、趣旨お汲み取りの上、ご協力いただけますようお願い申し上げます。
1.コンタミネーション
「日本そば」と他の麺類を共用の機器や同一サイトで製造する場合、装置の洗浄や原料の管理の不徹底から、「そば粉」が他の麺類に混入し、 アレルギー事故を招くことがあります。貴社各工場におかれましては「そば」のコンタミネーションを防止するための対策を講じておられるで しょうか。また、それは有効に機能しているでしょうか。
2.そば混入コショウ
厚生労働省が発出した通知「アレルギー物質を含む食品に関する表示について」のQ&A(F−4)には「そばは、こしょう等の調味料に 含まれる場合もある」旨記載されており、実際に被害も発生しています。そば(そば殻を含む)で増量・偽和したコショウは製造意図からして、 成分表示されることはありません。こういったコショウを使用した場合、「そば」を含むにもかかわらず、製品の表示に反映されることがなく、 アレルギー被害を招く惧れがあります。貴社ではそば混入コショウの存在を認識しておられるでしょうか。また、このようなコショウの使用を 避けておられるでしょうか。

全日本スパイス協会への手紙
コショウの原材料について (お願い)
   食品業界の皆様にはすでにご存知のとおり厚生労働省より「アレルギー物質を含む食品に関する表示について」(食企発第2号、食監発 第46号 平成13年3月21日)という通知※が出されました。同通知の別添2「アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A」のF−4に 「そばは、こしょう等の調味料に含まれる場合もある」旨記載されております。そばアレルギー体質のものがアレルギー発症を避けるためには そばを含む食品を避けるしか方法がありません。ところが厚生労働省の言うようにそばがコショウ等に含まれているとなると、多くの料理・ 食品に目に見えない形でそばが含まれることになります。そばアレルギーはごく微量のそばの摂取で発症するため、このようなコショウ等の 存在はわれわれにとって生命にかかわる大変な脅威です。新聞やテレビでもそば入りコショウによる被害の事例が紹介されています。
 そこで香辛料を供給されている業者の皆様に問い合わせたところ、以下の各社様からは「コショウにはそばを使用していない」とのご回答を いただきました。
 ハウス食品梶@ギャバンスパイス梶@エスビー食品梶@マスコットフーズ梶@ライオン梶@潟iイル商会 日本食研梶@潟_イショー
しかし、あるお店からは「ほとんどの粉末コショウにはそば、米粉、パン粉などが増量剤として使用されている」との情報もいただきました。 また、自社では使用していないものの「そばによる増量は聞いたことがある」旨コメントされている社もありました。コショウの製造・輸入 販売を行なっているすべての業者を把握するのは個人では限界があり、上記各社様以外でそば入りコショウを扱っている業者が存在する可能性 があります。そこで貴協会にご協力を賜わりたく手紙を差し上げた次第です。
 そば(そば殻を含む)をコショウ等の香辛料に使用しないことを
業界標準とし、危険なそば入りコショウを市場 から駆逐していただけないでしょうか。そば入りであることを表示しても料理・食品に使用された後では判別が 不可能であるため、原料として一切使用しないことが健康被害防止のために必要と考えます。
 貴協会の設立趣旨を存じ上げないため、お願い先として不適切であればご容赦ください。しかし、その名称から最も適切な法人とお見受け し、藁にもすがる気持ちでお願いする次第です。ご多忙のところお手数をおかけしてたいへん恐縮ですが、アレルギーを持つもののために 是非ともお力添えいただきたく、よろしくお願い申し上げます。また、貴協会でそば入りコショウのメーカー、製品名などにつき情報が入手 できるようであればお教えいただきたく、併せてお願い申し上げます。
※ http://www.mhlw.go.jp/search/mhlwj/mhlw/topics/0103/tp0329-2b.html
(URL移動の場合はご容赦ください)

生協への手紙 1
食物アレルギー物質表示の件
 (機関誌)11月号の特集記事を拝見しました。私はそばアレルギーを持っているため、アレルギー表示の義務化は歓迎しております。しかし、 この制度ではまだカバーできていない部分があり、行政・業界の更なる対策・対応を願うものです。ひとつはそば粉やそば殻で増量・偽和した コショウ等の存在。もうひとつはコンタミネーションの問題です。以下に意見を申し上げます。また、COOP商品におけるコショウ等 (即席カレー等の調味料を含む。)のそばによる増量、麺類のコンタミネーションの有無について情報をいただきたく、よろしくお願い申し 上げます。
 アレルギー事故防止のためにはスパイスメーカー、製麺業者に対する啓蒙活動および製造・販売上の技法が必要となりましょう。私達 アレルギーを持つ者一人ひとりではどうすることもできません。生協ならびに業界の皆様のお力添えをいただきたく、あわせてよろしく お願い申し上げます。
1.そば入りコショウ
 そば入りコショウによる事故は報道もありましたし、私も給食弁当に使用されて具合が悪くなったことが何度かあります。また、COOP みんなのカレー(中辛)も少し息苦しくなったことがあるので避けるようにしています。厚生労働省も通知「アレルギー物質を含む食品に 関する表示について」 http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2b.html のQ&A〔F−4〕で「そばは、こしょう等の調味料に含まれる 場合もある」旨公表しています。スパイスメーカーでは増量材を小麦粉、大豆粉その他に変更する動きがあるようですが、小麦や大豆も表示が 必要な(または推奨される)原材料です。このような増量は新制度下でも堂々と表示できるようなものではないため、今後も目に見えない形で 多くの食品(即席カレー、ソース等の調味料を含む)にアレルギー物質がばら撒かれる状況が継続することになります。そば等による増量・ 偽和品はアレルギー表示検討会におけるアレルギー表示の目的「食物アレルギー患者が重篤なアレルギー症状を誘発する食品を回避し、 その結果として摂食可能な食品を選ぶことができるようになる」をないがしろにするものであり、市場から排除する必要があります。 このためには良品のメーカーでは【そば不含】等と表示し、良品選択の目安としていただきたいと存じます。販売サイドではメーカーに対し 増量について確認を求め、業者を選別していただくことが有効と考えております。
2.コンタミネーション
 同一ブランドの「そば」と「うどん」を発売している製麺業者の「うどん」を食べたところ、そばアレルギーの症状が出たという話を聞き ました。製麺工程でのコンタミネーションが疑われる例です。同一の装置でそばと他の麺類を製造している場合、切り替え時の装置の洗浄が 不充分であったり、原材料の管理・取り扱いがしっかりしていない場合に起きると考えられます。設備を共用しているメーカーではそば 不含製品を製造するためのSOPの確立をしていただく必要があります。アレルギー表示検討会の中間報告 http://www.nih.go.jp/eiken/ html/hyouji.html を見てもコンタミネーションについてはまだ用語の定義でもめている状況で、表示が具体化されるめどは立っていない ようですが、製麺業者サイドで自信を持ってコンタミネーションがないと胸を張れる製品については【そば不含】等と表示し、良品選択の 目安としていただきたいと存じます。販売サイドではメーカーに対しコンタミネーションについて確認を求め、業者を選別していただくことが 有効と考えております。
 上記の対策は健常者にとって不便不利になるものではありませんので、いわゆる【ノーマライゼーション】(←【ユニバーサルデザイン】 の方が適切だったな‥‥)の観点から検討していただければと存じます。また、規制上「含むかもしれない」表示は禁止されていますが、 「含まない」表示は可能と考えられます。原材料表示でカバーできないような増量・偽和、コンタミネーションの可能性のある商品の中から 安全なものを選択するためには「アレルギー物質を含まない保証」が必要であり、「含まない」表示の推進を願うものです。

追伸 そば入りコショウについては本年6月、COOPブランドのコショウ等の販売者であるユーコープ事業連合宛て、文書にてそば使用の 有無を問い合わせましたが回答をいただけず、がっかりいたしました。今回は生協側からの呼びかけであり、何らかの反応がいただけるものと 期待しております。

生協への手紙 2
ユーコープ事業連合への仲介にあたり、はじめに出した
スパイスメーカーへの手紙生協への手紙
の内容を整理して欲しい旨、生協より依頼があったので、2001年12月18日、以下のテキスト を担当者にお送りしました。

【質問】
1.貴生協はそばを含むコショウ等を販売していますか?
2.そばを含むコショウ等を販売している場合、そのブランド名・製品名を教えてください。また、製品容器の外観写真があればご提供 ください。
3.そばがコショウに含まれる理由、今後もそのような製品が出まわるかなどについてお持ちの情報がありましたらお教えください。
【意見】
1.そば入りコショウ
 そば等による増量・偽和はアレルギー表示の目的をないがしろにするものであり、市場から排除する必要があります。香辛料メーカーは そばを含まないと保証できる製品には【そば不含】等と表示してください。生協は増量について確認を求め、安心して利用できる製品の メーカーを選別してください。
2.コンタミネーション
 同一の装置でそばと他の麺類を製造している場合、装置の洗浄や原材料の管理が不充分だとコンタミネ―ションが起きます。製麺業者は コンタミネーションがないと保証できる製品には【そば不含】等と表示してください。生協はコンタミネーションについて確認を求め、 安心して利用できる製品のメーカーを選別してください。

 私達には「アレルギー物質を含まない保証」が必要です。上記の表示における対策は健常者にとって不便不利になるものではありません ので、いわゆる【ユニバーサルデザイン】の観点に立ち、ぜひとも実施してください。

農水省への手紙 1
農水省総合食料局が募集した
乾めん類の日本農林規格等の見直し等についての意見・情報 (募集期間2002年2月8日〜3月7日)に対し、電子メールにて意見を提出しました。

 私はそばアレルギーです。今回の規格見直しに際し、お願いを申し上げます。そばアレルギーはごく微量(*)のそばの摂取により激しい 症状が発現し、重症の場合は死に至ることもあります。製麺業者における原材料管理や設備の洗浄が不充分な場合、そば以外の製品に微量の そばが混入し、アレルギー事故の原因となることがあります。(独)農林水産消費技術センターのサイトhttp://www.cfqlcs.go.jp/ consultation_about_food/consumer_consultaion/kiken05.htm
にも干しうどんによる事故事例が紹介されています。
 そこで事故防止のため、乾めん類の規格のうち干しそば以外の製品について、そばを含んではならない旨の規格を盛り込んでいただきたく 強く要望する次第です。ご多用のところ恐縮ですが、そばアレルギー者にとっては命懸けのお願いです。なにとぞよろしくご配慮のほど お願い申し上げます。 なお、生麺の規格についても同様の展開をして頂けますよう、併せてお願い申し上げます。

*(独)国立健康・栄養研究所 http://www.nih.go.jp/eiken/index-j.htmlのサイトに公開されているアレルギー表示検討会の中間報告書で はそばなどの特定原材料の総タンパク量が数ppmを上回る場合、アレルギー原材料の表示が必要となるようです。

TBSへの手紙
ニュースの森 宛(2002年4月16日電子メールにて投書)
私はそばアレルギーを持っており、隠れたアレルギー物質(見た目にそばと分からない食品など)の存在に強い関心を持っております。 1999年5月、貴番組でそば粉入りのコショウの問題を取り上げたとお聞きし、 このようなテーマをご理解いただけると思いメールを差し上げました。
貴局のドラマ「夢のカリフォルニア」の撮影スタッフが道の埃を演出するため、戸外でそば粉を撒いて撮影したとの記事が写真付きで報道 されております。
≫ DUET 5月号 別冊付録「TVit!」 (集英社)
そばアレルギーの者が近くにいれば発症することは間違いなく、悪くすればアナフィラキシーショックから死に至ることが考えられます。 知らずにやっていることとは思いますが、とんでもない行為であることは ご理解いただけると思います。このような撮影テクニックは広く利用されているのでしょうか?ご存知でしたらお教えいただきたいと思い ます。また、今後このような恐ろしいことが行なわれないようにお力添えを頂ければと存じます。
ご参考 「そばアレルギー」ホームページ
http://member.nifty.ne.jp/takumi_k/allergy.htm

夢のカリフォルニア掲示板(2002年4月17日13時11分頃投稿)
私はそばアレルギーです。そばアレルギーはわずかな量のそば粉を摂取してもアレルギー症状が現れ、重い場合には死に至ることもあります 。この4月から、食品の原材 料表示はそばなどのアレルギー物質はごくわずかの量でも記載することが義務付けられています。
DUET(集英社)5月号の付録TVit!の記事で貴番組のタイトルバック撮影風景を拝見しました。屋外でそば粉を大量に撒いたそう ですね。知らずにやっておいでのことと思いますが、そばアレルギーの者から見ると殺人行為に等しい暴挙です。このような演出をして いれば、俳優、スタッフそして通りがかりや近所の方にいずれ悲劇が起こるのは間違いありません。起こってからでは遅すぎます。 どうか演出にそば粉などのアレルギー物質をお使いにならないように衷心よりお願い申し上げます。

厚労省への手紙 1(2002年4月23日電子メール送信)
私はそばアレルギーです。今年度からのアレルギー物質を含む食品の特定原材料表示の義務化につきましてはご努力いただいた関係者の 皆様に感謝申し上げます。この制度に関連していくつかお願いがございます。ご多忙のところ恐縮ですがよろしくご検討・ご回答ください。
1.Q&A(平成13年3月21日 食企発第2号 別添2)F−4に「そばは、こしょうなどの調味料に含まれる場合もある」と記載 されています。実際、そば混入しょうによる被害も報道されておりますし、私も具合が悪くなった経験があります。そばアレルギーの 予防は抗原を回避するしか方法がないため、このようなこしょう・調味料をなんとしても避けなければなりません。貴省におかれては、 そばが混入されているこしょう・調味料のメーカー名、商品名などを把握されていることと存じます。アレルギー事故防止のため、ぜひ これらの情報を開示いただきたくお願い申し上げます。
2.最近、アレルギー物質の検出試薬が開発されましたが(日水製薬FASTKIT)、一般国民が利用できるものではありません。 行政機関において、このような試薬を使ってそばを含むこしょう・調味料を摘発・公表していただきたくお願い申し上げます。
3.隠れた抗原として最終食品に拡散していく可能性があるため、香辛料・調味料については表示の義務化ではなく、配合を禁ずる方向で 今後ご検討いただきたくお願い申し上げます。また、特定原材料の表示については、その趣旨を生かすため表示面積による 免除規定を廃することも併せてご検討をお願い申し上げます。
4.集英社発行の雑誌「DUET」5月号の付録小冊子にTBSテレビのドラマ撮影隊が舞い上がる砂ほこりを演出するため、ロケ地で 相当量のそば粉を撒いたとの記事が掲載されました。恐ろしいの一言であります。二度とこのようなことがないよう指導されるとともに、 貴省「食の安全推進アクションプラン」に掲げられた「食物アレルギーについての普及啓発」を急いでいただきたくお願い申し上げます。

厚労省からの返事
厚生労働省です。 この度は貴重なご意見・ご要望をいただきありがとうございました。頂いたご意見は今後の厚生労働行政の参考にさせて いただきます。これからも厚生労働省をよろしくお願いいたします。

生協への手紙 3(2002年5月18日投書)
1.提言
(機関誌)5月号のコープ基礎講座【知っていましたか?コープの自主基準】の中でいくつかの品質基準があげられていますが、 90年ごろに策定されたためか、食物アレルギーと遺伝子組み換え食品についてのについての基準がありません。ご存知のように 食品衛生法とJAS法が改正されており、これらの基準も取り入れることが必要と思います。
私は先にも申し上げたようにそばアレルギーを持っておりますので、厚労省が名指ししている「そば入りコショウ」や麺類における 「そばのコンタミネーション」などの隠れ抗原について高い関心を持っております。最近、「そば」などの特定原材料を検出する試薬 (日水製薬FASTKIT)が開発されましたが、私たち一般消費者が利用できるものではありません。生協の商品検査センターで この試薬を使ってアレルギー物質の混入を検査し、安全・安心な商品の選択のために結果を公表してただきたいと存じます。
なお、食物アレルギーについてはまだちゃんとした統計はないようです。生協の組織を使ってデータを集め、行政や食品業界と議論 する際の基礎資料とすることを併せて提言いたします。
2.質問
5月3週の(商品カタログ)の
商品番号xxxx CO−OP 冷麺もりおか風
商品番号xxxx CO−OP ふつうに炊ける十種雑穀
に「そば」が入っているかどうかお教えください。

5月28日電子メールにて生協より回答
CO-OP 冷麺もりおか風:「そば」は入っていません。アレルギー物質として、「小麦」は入っています。
CO-OP ふつうに炊ける十種雑穀:「そば」は入っています。

同日電子メールにて生協に返信
カタログ販売の場合、現品の原材料表示を見ることができないので、明らかに「そば」とわかるなものを除いてはカタログに表示して いただけるよう提言申し上げます。

厚労省への手紙 2(2002年8月27日電子メール送信)
「食品の表示制度に関する懇談会中間取りまとめ」についての意見
1.表示制度の目的
 3点が挙げられていますが、このうち本当に大事なのは【衛生上の事故・危害の防止】、具体的には【アレルギー物質の表示】です。重篤な 場合には死に至るアレルギー事故を防止するには原因物質を摂取しないことが唯一の対策ですが、さまざまな形で提供される食品の中にアレル ギー物質が含まれるか否かが外見ではわからないからです。
例:厚労省も存在を認めておられる【そば入りこしょう】やそれを使った料理など
2.表示項目
 【うそをつかないこと】と【正確で誤認を生じさせないための用語の基準】だけ決めておけば衛生上の事故・危害の防止に直接関係しない、 すなわち個人の趣味嗜好や信心の要求による原材料(アレルギー物質以外)、添加物、産地、遺伝子組換えなどの項目は任意表示でかまわ ないと思います。食品衛生法の製造基準、添加物の使用基準など既存のルールを守って調理・製造していれば表示とは関係なくまっとうな 料理・食品ができるはずだからです。
 多大なエネルギーを使い、微に入り細を穿った表示制度を作ってもうそつき表示やその被害を予防することはできません。不実の記載が あれば食品以外の商品同様、詐欺罪あるいは傷害(致死)罪などで取り締まるだけ、消費者が本当に必要と考えている情報があるとすれば、 それを提供しないものは淘汰されていくだけ、のことです。
3.表示制度の問題点
 食品衛生法の適用範囲は医薬品以外の【すべての飲食物】のはずですが、現行の表示制度の対象は包装・容器のある加工食品に偏っており、 表示面積による例外規定まであります。事故・危害の防止のためにはアレルギー物質の表示に例外があってはなりません。食品素材段階での 【そば粉】や店舗、給食、宿泊施設などで提供される食品・料理を含む【すべての飲食物】でアレルギー物質の表示・情報提供がされるよう 現行制度の完成度を高めてください。
4.使用制限・免許制度
 本題からは外れますが、最も深刻な【そば】によるアレルギー事故・危害の防止のために、そば粉・そば殻によるこしょうの偽和・増量の 禁止をはじめ、すべての飲食物に対する【そば】の非明示的な使用の禁止、そして【そば】を取り扱う業務に【食物アレルギー】【コンタミ ネーション防止】などの知識習得を必須とする免許制度を導入することを提案いたします。

懇談会としての考え方 → この懇談会とは別の関係者を 交えた場で検討されることが適当と‥‥

厚労省への手紙 3(2002年8月30日電子メール送信)
食品衛生法施行規則の一部を改正する省令案及び食品衛生法第4条の3第1項及び第9条の2第1項等に基づく特定食品の販売、輸入等禁止 処分の取扱い指針(ガイドライン)案に対する意見についてそばアレルギーによる事故・危害の防止の観点から意見を申し上げます。
重篤な場合には死に至ることで知られているそばアレルギーはごく微量の摂取で発症するため、そばで偽和・増量されたこしょう(*1)に より事故が起きています(*2)。アレルギー発症の唯一の予防策はアレルギー物質を摂取しないことですが、そば入りこしょう及びこれが 使用された食品・料理はその外観から安全性を確認することは不可能です。したがってそば入りのこしょう等の調味料は販売、輸入等の禁止 対象に指定していただきたく存じます。また、そばと共用の設備で製造される麺類もそばによる汚染が危惧されます(*3、4)。微量でも そばを含む麺類も同様に規制していただきたく存じます。指針(案)では輸入食品は違反率がおおむね5%以上である場合、発動に向けた検討 に着手とありますが、こしょう等については国産食品の場合同様、そば入り製品が発見されるごとに取り締まっていただき、事故防止を図って いただきたく存じます。

*1 平成13年3月21日 食企発第2号、食監発第46号 別添2 アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A F−4
*2 朝日新聞 1999年10月8日
*3 (独)農林水産消費技術センターのサイト 干しうどんへのそば混入の事故事例
 http://www.cfqlcs.go.jp/consultation_about_food/consumer_consultaion/kiken05.htm
*4 国民生活センターのサイト そうめんへのそば混入の事例
 http://www.kokusen.go.jp/kujo/data/a_KUJOT_098.html

厚労省の考え方はこちら → い改めよ

NHKへの手紙
いきいきホットライン「おいしく安全に食べてますか」 第4日 表示をしっかり読んでますか
(ラジオ第一2002年10月10日放送 ゲスト:消費者問題研究所・垣田達也)
「水色」は放送でカットされた部分です。そば関係がばっさり落とされてしまい残念。

食品表示について
 表示の目的はいくつかありますが、最も重要なのは【衛生上の事故・危害の防止】で、具体的には【アレルギー物質の表示】をすることです。 食物アレルギー事故を防止するには原因物質を摂取しないことが唯一の対策ですが、さまざまな形で提供される食品の中にアレルギー物質が 含まれるか否かが外見では判らないからです。
「例えば【そば】はごく微量でも重篤なアレルギーを起こすことが知られて いる食材ですが、まだ世間はこのことに無頓着です。食品素材段階での【そば粉】はもとより、店舗・給食・宿泊施設などで提供される 【すべての飲食物】でアレルギー物質の表示・情報提供がされることが必要です。」  アレルギー物質以外の原材料、添加物、産地、遺伝子組換えなどは「個人の趣味・嗜好、見栄、信心の要求による項目 で安全とは直接関係がありません。基準を守って調理・製造していれば表示とは無関係にまっとうな料理・食品ができるはずだからです。 これらの項目は」【ウソを書いてはいけない】ことだけを決めておけば任意表示でかまわないと思います。消費者が本当に必要と考えて いる情報があるとすれば、それを提供しない商品は淘汰されていくだけのことです。 現行の食品衛生法の表示制度は対象が包装・容器のある 加工食品に偏っており、表示面積による例外規定まであり、ザルだと思います。「しかし、表示制度はどう工夫しても、 うそつき表示やそれによる被害を予防することはできません。」食の安全を確保「する手段にはならないのです。 国民の生命・財産を保護」するために本当に大事なことは表示云々以前に食品の偽和(ぎわ)、即ち【ウソや水増し】と添加物・農薬 などの基準違反を許さないことです。「そば粉やそば殻で増量したコショウは典型的な危険偽和食品で健康被害も報告 されていますが、厚労省は存在を認めているだけで取締る気配がありません。」
 食の安全を守るためには、まず偽和・違反食品を徹底的に排除する法制度、検査・取締り体制を構築することが必要です。
「わが国の遅れている部分です。」
垣田氏コメント:表示を任意とすると添加物のような都合の悪いことは書かない ということになり、消費者の知る権利から考えると問題。加工食品以外にも表示義務を設けるのは必要。偽装事件のほとんどが内部告発で 出てきた。きちっと取り締まって正しい表示をさせるのが行政の役目。取締りが甘いというのはその通りと思う。)

いきいきホットライン「おいしく安全に食べてますか」 第5日 消費者にとってより安全で豊かな食生活とは何か
(ラジオ第一2002年10月11日放送 ゲスト:元東京都消費者センター試験研究室長・増尾 清)
こちらは
不採用でした。増尾氏は科学を土俵に仕事をされてきたのでしょうが、添加物を除くためにハムを 湯振りして食べろとか、農薬を効率よく除くためにほうれん草は切ってから茹でろとかおっしゃる方で相手が悪かったようです。NHKの スタッフにも理解できなかったようで残念。ケガレの表現はグレガリナさんのサイト農薬のお話 http://members.tripod.co.jp/gregarina/index.html からお借りしました。

消費者側の問題
 食の安全のために消費者はどうあるべきか。それは科学的なものの見方を身につけることに尽きます。
 火曜日に西島先生
(註:第2日のゲスト 実践女子大・西島基弘教授 テーマの食品添加物について至極まっとうな 説明をされたのに、聴取者から「業者よりだ!」と批判のFAXが殺到)がおっしゃったように添加物や農薬については科学的な データを基に議論・評価すべきですが、【科学】が出てきたとたんに思考停止し【全部ダメだ】となってしまうのが昨今の風潮では ないでしょうか。安全性が確認された、基準内の添加物・農薬であっても【都合の悪いこと】と捉えてしまうのも この延長にあると思います。
 やはり西島先生のおっしゃるように食べ物も、薬品も、水も、空気もそして人間の体も化学式で表すことのできる【物質】でできています。 【化学物質】と【非化学物質】があるわけではなく、一繋がりなのですが、「添加物や農薬は【化学物質】であるからダメだ、ケガレている。」 となってしまうのは嘆かわしい限りです。
 これは多くの人が科学の目でものを見たり考えたりする態度を身につけていないことによります。子供の理科離れという報道をよく耳に しますが、子供たちにまっとうな理科を仕込むところから考えていかないと、消費者の質そして食の環境はよくならないと思います。

厚労省への手紙 4(2002年11月14日電子メール送信)
「食品衛生規制の見直しに関する意見」
1.第2基本的考え方(1)および第3主な改正内容4 「食中毒等の飲食に起因する事故」に「食物アレルギーに起因する事故」を 追加していただきたい。
【理由】食の安全を確保することによる国民の健康の保護のために食物アレルギーも見過ごすことのできない要因です。貴省の掲げる 「食の安全推進アクションプラン」中の食物アレルギー対策を実現するためにもこのことを明示的に盛り込み、具体的な規制を実施する ことが必要と考えます。
2.第3主な改正内容2規格・基準 「そば」を含む食品の取り扱い・提供への免許制度の導入を追加していただきたい。また、撮影 などで「そば粉」を土煙などの演出に用いるケース(*)も知られていますが、このような使用も規制していただきたい。
【理由】「そば」はアナフィラキシーショックなど死に至ることもある重篤なアレルギーを引き起こす原因食物であり、その取り扱い・ 提供には特段の注意を要するものであります。また、そば店などはそばアレルギーを発症した者に直面する可能性の高い業態です。 「そば」はふぐ調理師同様一定の知識を修めた者のみが取り扱い・提供を許される食品と考えます。
3.第3主な改正内容2規格・基準 「そば」の非明示的な使用の禁止を追加していただきたい。
【理由】貴省通知の「アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A」にもあるように「そば」をコショウの偽和・増量材として用いる ケースがあります。現行の表示制度は対象が包装容器のある加工食品に限定されており、表示面積による例外もあります。したがって このようなコショウや、非明示的に「そば」が使用された食品・料理をそばアレルギーの者が気づかずに摂取し、事故がおきる危険性が あります(実際、事故は起きています)。事故の防止のため、すべての飲食物で原則的に「そば」を使用禁止とし、「そば」を使用した 食品・料理は例外なく表示することが必要と考えます。

*集英社発行のアイドル雑誌Duet(デュエット)2002年5月号の別冊付録TVit!(テレビット)に「TBS系のドラマ ≪夢の カリフォルニア≫のタイトルバックの撮影で、巻き上がる道のほこりを演出するため現場にそば粉を撒いた」との記事がセメント袋 のようなそば粉の袋の写真とともに掲載されています。必要であればコピー(またはjpgファイル)をお送りします。

厚労省の考え方はこちら → に頼るな

国民生活センターへの手紙(2003年1月14日 ファクシミリ送信)
1.そば混入コショウ
厚生労働省が発出した通知「アレルギー物質を含む食品に関する表示について」のQ&A(F−4)には「そばは、こしょう等の調味料に 含まれる場合もある」旨記載されており、実際に被害も発生しています。そば(そば殻を含む)で増量・偽和したコショウは製造意図から して成分表示されることはないため、多くの料理・食品に目に見えない形でそばが含まれることになります。そばアレルギーはごく微量の そばの摂取で発症し、重症の場合は死に至るため、このようなコショウ等の存在はそばアレルギーの者にとって生命にかかわる大変な脅威 です。ところが厚労省に問い合わせても銘柄を教えてくれません。また最近、そばの混入をチェックする試薬も開発されましたが、一般の われわれが使用できるものではありません。コショウにそばが混入されていないか是非テストをしてください。お願いいたします。
2.そば混入めん
「日本そば」と他の麺類を共用の機器や同一サイトで製造する場合、装置の洗浄や原料の管理の不徹底から、「そば粉」が他の麺類に混入 し、アレルギー事故を招くことがあります。またうどんの打ち粉にそば粉を使用する例もあります。品目としてはうどん、そうめん、ひや むぎ、中華めん、商品形態としては生めん、半生めん、チルドめん、乾めん、即席めん、カップめんとかなり広範囲になりますが、それだけ 危険性が高いといえます。日本そば以外の麺に「そば」が混入していないか是非テストをしてください。お願いいたします。

農水省への手紙 2
農水省総合食料局消費生活課が募集した
食の安全・安心のための政策大綱(中間とりまとめ) についての意見・情報(募集期間2003年2月10日〜3月20日)に対し、インターネット経由にて意見提出。

1.リスクコミュニケーション
今回示された大綱(中間とりまとめ)では
・化学物質(重金属、ダイオキシン類、生産資材など)
・病原体・毒素(有害微生物、カビ毒、貝毒など)
といった本来、健全な食品に含まれない物質を「食品のリスク」と想定しているように思います。しかし、他にも重大なリスクがあります 。食物の成分そのものが健康被害を引き起こす食物アレルギーです。症状の重篤度、例数から見て重要な落花生、そば、小麦、卵、乳のほか、 魚介類、肉、果実など多種の食物アレルギーが知られており、多くの国民が苦しんでいます。ぜひ、食物アレルギーも政策の視野に入れて 頂くようお願いいたします。また、リスクコミュニケーションの場や食品安全委員会へのアレルギー専門医の参画を求めます。
2.リスク管理
現在、食品衛生法で加工食品のみアレルギー物質の表示が義務化されていますが、私たちの口に入るものは加工食品だけではないため、 この表示義務はリスク管理としては不充分です。産地段階から消費段階まで全ての食品を適切に管理することにより食物アレルギーによる 健康被害をかなり防止できると考えられます。例えばそばの場合、使用する設備機器の専用化や原材料の区分管理による混入防止、 コショウ等の増量剤としての使用禁止、非明示的に食品・料理に使用することの禁止などがあげられます。
3.食育の推進
食育においても食物アレルギーの啓発普及に努めていただきたいと存じます。食物アレルギーはまだ一般の認知度が低く、好き嫌いと混同 されたり、特殊な体質をもっている方が悪いように言われることがあります。テレビの撮影で土埃を演出するためそば粉を大量に撒いたり、 手打ちそば講習を公共施設でやらないで欲しいと申し出た方の家に嫌がらせとしてそば粉を撒いたりといった、無知・無理解による戦慄 すべき事例もあります。アレルギー物質を取り扱う大多数の非アレルギー体質の人々の理解と協力がなければ食物アレルギーによる健康被害 は防ぐことができません。また、自分の提供した食品でアレルギー事故を起こさないことはその方にとっても幸せなことであるに違いありま せん。
4.監視強化
「検挙に勝る防犯なし」とも言います。表示義務などを制定してこと足れリとするのではなく、食の安全を脅かす違反行為は厳しく摘発・ 処罰する体制を整備し、国民の健康を守ってください。

厚労省への手紙 5(2003年7月16日電子メール 送信)
「食品衛生に関する監視指導指針(案)についての意見」
1.全般について
 食品衛生上の危害として食中毒と獣畜家禽由来の疾病に重点が置かれており、食物アレルギーに触れられていないのが不満です。 アレルギー物質の不適切な使用防止を監視指導の施策のひとつとして明示的に盛り込んでいただきたい。一般にそばが含まれるとは 思われない食品にそばを配合したり、映画撮影における砂塵の演出にそば粉を用いたり、宿泊施設でそば殻枕を使用するのも不適切な 使用例と考えます。
2.「第1 監視指導の実施に関する基本的方向 1 行政、食品関連事業者及び消費者の役割分担」について
 食品事業者の知識及び技術の習得、原材料の安全性の確保に資するため、そば等の危険性が高いアレルギー物質の取扱う業務に講習を伴う 免許制を導入してください。そばの生産、流通、製粉、製麺、加工、調理、販売等に携わる人々への知識普及がアレルギー事故防止、 さらに職業性アレルギーの予防に有効と考えます。
3.「第2 監視指導の実施体制などに関する事項」について
 アレルギー物質の表示が義務化されましたが、対象が加工食品に限られており、表示面積による例外もあるなど対策としては不充分です。 表示の適用対象を全ての飲食物に拡大すべきと考えます。なお、表示免除の小型容器でそば入りの調味料が販売されるおそれがあるため、 そばの調味料への配合は禁止すべきと考えます。
 「同一ラインでそばを製造しています」等の注意喚起表示は「そばが入っているかもしれない」という可能性表示に相当する「言い訳」 に過ぎないため禁止し、ラインの専用化、洗浄・検査の徹底を指導してください。カップうどんの「原材料」として「そば」を表示する ような心得違いをしている業者もあります。
4.「第5 食品等事業者に対する自主的な衛生管理の実施に関する事項」について
 微量で過敏症反応を示す医薬品の製造において作業室及び空気処理システムの分離を薬局等構造設備規則で定めているのと同様、 そば等の危険性が高いアレルギー物質を取り扱う作業所についても交叉汚染防止を目的とした管理規定を制定すべきと考えます。 医薬品よりも多くの国民の口に入る食品の方がより厳しい規制が必要なはずです。
5.「第6 関係者相互間の情報及び意見の交換の実施に関する事項」について
 貴省発出の「アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A」F−4に書かれている「そばは、こしょう等の調味料に含まれる場合もある」 という事例について違反者を摘発し、製品名を公表してください。

文科省への手紙 (2003年12月8日電子メール送信)
「蕎麦を体験学習に使わないでください」
そばアレルギー体質の者からのお願いです。
そばアレルギーはそばを食べた時だけではなく、微量のそば粉を吸い込んだ場合などにも症状が現れ、重篤な場合には生命の危機に直面する こともある深刻な体質です。1988年には札幌の児童が給食のそばが原因で亡くなったこと、また、その事件により「学校給食指導の手引き」 (文部省1992)が改訂され、「特にそばについては、十分な注意を払う必要があります。」などの記述が盛り込まれたことは私から 申し上げるまでもないことです。
ところが、インターネットで検索してみますと小中学校の体験学習として「蕎麦打ち」が好んで実施されていることが分ります。また先日、 そばアレルギーのお子さんをお持ちの方から「子供を通わせている小学校でソバの栽培から蕎麦打ちまでをテーマにした体験学習が行われて いるが、納得できない。なぜ蕎麦打ち体験なのか。」と憂慮される声もお聞きしました。
教育関係者を含め一般に、そばをはじめとする食物アレルギーについての知識がいまだに普及していないのだと思います。そこでお願いです。
1.原則としてそばを
体験学習の素材として使わないよう現場にご指導ください。
2.原則としてそばを
給食の食材に使用しないよう現場にご指導ください。
3.
食育のテーマに食物アレルギーに関する知識の啓発普及を取り上げてください。
1、2はあえて危険を冒してそばを用いなくても代替になる教材・食材はいくらでもあるからです。どうしてもそばを用いる場合は そばアレルギー体質の児童・生徒・教職員が生命の危険にさらされたり、不利な扱いを受けたりすることのないよう充分な配慮をするよう あわせてご指導をお願いいたします。食育は大臣も力を入れておられる新しい教育の柱ですが、食物アレルギーの知識が一般に広まり、 いじめや偏見のない、どんな体質の人間も心穏やかに安心して暮らすことのできる社会が実現するよう支援してくださるようお願い申し上げ ます。

主催者への手紙 (2004年2月28日投書)
そばうち列車イベントについて
私はそばアレルギー体質を持っており、ひと目でそばを含むことがわからない食品など隠れたアレルゲンの調査・研究を行なっております。 そばアレルギー体質は少数派のため通常の方にはなかなかご理解いただけないのですが、ごく微量のそばの喫食や吸入で発症し、じんましん、 喘息、消化器の異常などで大変苦しみます。重症の場合はアナフィラキシーショックという状態に陥り、死に至ることもあります。微量と いいますのは、たとえばそばと同じ釜で茹でたうどん、そば粉を増量剤として含むコショウを使用した料理、あるいはそば打ちの実演を している付近に浮遊するそば粉にも感じる、というように見た目では分からないレベルの量です。
さて、別紙のような「そばうち列車」のイベントが近畿日本鉄道湯の山線で行われたことを知りました。イベント後の車内には(われわれに とっては)大量のそば粉が残留し、乗客、乗員あるいは車両の整備をする方の中にそばアレルギーの方がおられた場合大変なことになるのでは ないかと心配しております。長野県岡谷市ではホームページ
http://www.city.okaya.nagano.jp/mmcb/
を通じ「そばアレルギー情報」として公共施設でのそば打ち講習の予定の告知をし、また「不特定の者が利用する施設でそば打ち教室等を 行った場合の掃除の励行や告知についての配慮」を求めています。しかし、私は公共のスペースや乗物の中で「そば打ち」のようなイベントを 行うことは是非とも止めていただきたいと願っています。今回のイベントに使用された車両も念入りに清掃してそば粉を完全に除去し、 アレルギー事故の発生を予防していただきたく存じます。唐突なお願いで恐縮ですが今後ともそばアレルギーに対するご理解とご協力を よろしくお願い申し上げます。
追伸 今回のお願いは通常の体質の方々がそば打ちやそば食を楽しむことやそばによる地域おこしを否定するものでは決してないことを ご理解ください。

厚労省への手紙 6(2004年8月21日電子メール送信)
「アレルギー物質を含む食品に関する表示について」に対する意見
そばアレルギー体質の視点から検討報告書の項目に分けて意見を述べます。
2.制度見直し検討の基本的考え方
「表示」以前の問題として、そば(そば粉、そば殻)をこしょう等の調味料に配合することをの「禁止」を求めます。また、着色料としてのそばの使用も禁止し てください。
(理由)アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A(*)F−4に「そばは、こしょう等の調味料に含まれる場合もあります」とあるとおり、そばで増量され たこしょうが出回っています。たとえ正しく表示がされたとしても表示義務対象外のあらゆる食品・料理に使用され、私達の健康を脅かします。「五色そうめん」 なる商品はそばで着色したそうめんが含まれますが、「そうめんならば大丈夫」という認識から事故が起こる可能性があります。健康被害防止という趣旨に則り、 表示制度だけで充分な管理が難しい品目、すなわち「社会通念に照らしそばが含まれるとは認識できないもの」が流通しないよう、増量剤、着色料としてそばを 使用することを禁止する必要があると考えます。
*:アレルギー物質を含む食品に関する表示について(平成13年3月21日 食企発第2号、食監発第46号)別添2
4.アレルギー表示のあり方に係る具体的事項
(2)コンタミネーション(混入)の防止
○注意喚起表示に代えて実測データに基づいた適切な表示を求めます。
(理由)現状では注意喚起表示はそばの含有との相関がなく(国民生活センター発行 たしかな目 2003年12月号)、免罪符的に濫発されています。禁止 されている可能性表示と同等の意味しかなく、私達の商品選択の幅を不当に狭めています。
○そばとそば以外の麺(うどん、中華そば等)の両方を提供している飲食店・給食施設ではそば以外の麺をそばと同じ釜で茹でているか否かの表示の義務化を求 めます。そば以外の麺を盛り付けた弁当等にも同様の表示を求めます。また、うどんの打ち粉としてそば粉を使用している場合も表示を義務化してください。
(理由)そばと同じ釜で茹でたうどんでそばアレルギーが起こることは以前から知られていましたが、国民生活センターの調査でうどんへのそばの付着が確認さ れました(たしかな目 同号)。そばと別の釜で茹でていることが分かれば安心してうどん等を注文することができます。また、一部のそば・うどん店ではうど んを打つときの打ち粉としてそば粉を使用しています。この場合も「うどんなら大丈夫」との認識から事故が起こる可能性があるので適切な表示が必要です。
(3)特定原材料等を使用していない旨の表示の新規促進
推奨品目のみでなく、義務品目についても強力な推進を求めます。嚆矢として厚生労働省がそばを含むことがあると名指ししている「こしょう等の調味料」(上 記Q&A)について表示を指導してください。
(理由)「特定原材料等を含まない」ということこそが私達が欲しい情報であるため、報告書にある『「一定の特定原材料等を含むであろう」とアレルギー疾患 を有するものが社会通念に照らし認識する食品』であるか否かを問わず必要な表示と考えます。将来的には「使用していない」ことを確認しただけでなく、実測 データに基づき「含んでいない」ことを意味する表示になることを希望します。
(4)アレルギー疾患を有する者に分かりやすい表示方法
特定原材料については表示面積狭小による表示の省略を認めないでください。
(理由)他の表示事項と異なり健康被害に直結する項目だからです。

松本保健所への手紙(2004年8月21日電子メール送信)
そばアレルギーは重い場合、ショック症状から死に至ることもあります。そのためそばは「症状が重篤であり生命に関わるため特に留意が必要なもの」として食 品衛生法でアレルギー物質の表示義務がある食材であることはご案内のとおりです。
今秋、貴市で信州・松本そば祭り(日本そば博覧会)が開催されます。その案内のホームページには「このイベントは、そばを提供する博覧会です。そばアレル ギーの方は来場をご遠慮下さい。」との断り書きがあります。一見、そばアレルギーに対する配慮と見えますが、開催場所を見ると大名町通り〜松本城公園、二 の丸御殿跡、四柱神社、市立博物館・日本民俗資料館など屋内外の広範囲にわたっており、そば博来場者だけが立ち入る場所ではありません。地元の方やそば博 を知らずに松本城を訪れる大勢の観光客の中にもそばアレルギーをお持ちの方がおられると思いますが、そば博のためにこれらの方を会場地区・施設から排除す るとすれば問題だと思いますし、実際にそこまでの管理はされないでしょう。そこで、そば打ちの実演などから飛散・浮遊したり、閉幕後も施設内に残留したそ ば粉をそばアレルギーの方が吸入してアレルギー症状やアナフィラキシーショックを起こしはしないかと大変心配です(実際、その程度の微量で症状が現われる ことがあるのですが、健常な方々にはなかなかご理解いただきにくいことのようです)。
そば処信州でそばアレルギーの問題は提起しにくいという事情もあるでしょうが、本場でこそ、そばアレルギーに対する正しい知識の普及・啓発が進み、そばアレ ルギーを持つものが安心して暮らしたり訪れたりできるようになることを望んでいます。
貴所におかれましては本イベントでのアレルギー事故の防止に格段のご指導・ご協力をいただけますよう切にお願いいたします。

厚労省への手紙 7(2004年12月23日電子メール送信)
「平成17年度輸入食品監視指導計画案」に対する意見
意見:危害要因として「アレルギー物質」を取り上げ、監視してください。
例としてはコショウに対するそばの混入が挙げられます。そば粉またはそば殻はコショウに比べて安価なため、非明示的にそばでコショウを増量することは蓋然性の高い 行為です。実際にこのようなコショウでそばアレルギー被害が発生しています。食遺品衛生法によりアレルギー物質の表示が義務化されましたが、 全量を輸入に頼るコショウの場合、水際で不正を防止しなければ流通・使用の段階で回避したり、適正な表示をすることが不可能となり、アレルギー事故を招きます。 また、その場合の原因究明が困難になります。

内閣府への手紙 7(2006年3月10日電子メール送信)
「食育推進基本計画案」に対する意見
食物アレルギーによる事故を防止したり、偏見を無くすためには全国民に食物アレルギーというものの存在とそれへの対応の仕方を周知する必要がある。そのた めの手段として食育が担う役割は大変大きいと考える。食品の表示に関する共同会議報告書No.4「アレルギー物質を含む食品に関する表示について」検討報告書 (平成16年7月23日食品の表示に関する共同会議)でも ≪「食育」や「リスクコミュニケーション」の取組みを通じて、アレルギー疾患を有する者及び製造者等 を含む関係者並びに消費者に対し、健康危害の発生防止のために必要な情報が提供されることが重要である。≫との提言がなされている。 しかし、計画案では「栄養教諭を中心として、食物アレルギー等への対応を推進する。」(18ページ)と書かれているのみである。個別の児童・生徒に対する 対応が重要であるのは間違いないが、【食育】というレベルで食物アレルギー取り上げる場合、これでは全く物足りない。 食育を通じ食物アレルギーについての知識を普及し、事故防止や偏見の排除を進めることを謳う文言を追加すべきと考える。

ハロージャパンへの手紙(2007年11月1日同社サイトのメールフォームより送信)
毎日職場の給食で貴社○○店のお弁当おいしくいただいております。

さて、先月26日(金)、主食に雑穀を混ぜた白飯がでました。私はそばアレルギー体質なので、これは危ないと思いよく見たところ、やはりそば粒が入っていました。食物アレルギーについてまだよくご存じないかもしれませんが、そば、落花生は特に症状が重篤なものです。この際、厚労省の通知などをご参照いただき、認識を深めていただければ幸いです。

http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2b.html

おかずの一品として麺状のそばが入っている場合は容易に避けることができますが、その他のそば加工品や雑穀米は知らずに口にしてしまう危険があります。また、上記通知中のQ&Aにあるように、安物のコショウの中にはそば粉で増量したものもあります。実際、別の業者さんの給食弁当のポテトサラダに使われたコショウで具合が悪くなった経験があります。不特定の人間を対象とした給食弁当ではそばをお使いにならないよう、献立上ご配慮いただきたく衷心よりお願い申し上げます。

貴社○○店様には職場担当者よりそばアレルギーにご配慮いただくようお願い申し上げたところですが、この機会に総本部様にも要望申し上げるしだいです。


そばアレルギー

目 次  危ないものリスト  オピニオン  外遊される方へ  コショウ調査  めん調査  参考文献1  参考文献2  リンク

ROD & SCREW TOP PAGEに戻る