そばアレルギー めん調査

目 次  危ないものリスト  オピニオン  外遊される方へ  コショウ調査  めん調査  参考文献1  参考文献2  リンク



 そばとそれ以外の麺類を同一の工場・設備で製造する場合、原料管理の不徹底や装置・器具 の洗浄不充分でそばが混入し、他の製品の汚染(コンタミネーション)を起こすことがあります。 たしかな目のテストでもうどん・そうめん99銘柄中21銘柄で そばが検出されました。 そば製品を製造している麺メーカーに質問状 をお送りするなどして調査しました。スープなどに使用するコショウについてもお訊きしています(1: コンタミネーションについて。2:そば混入コショウについて)。ご回答頂いた各社に御礼申し上げます (調査期間2003年1月より。順不同・敬称略)。ウチにも訊いてくれというメーカー様はお知らせください。
 未だに調査にご協力いただけない業者様におかれましては厚労省の 通知 別添1 の「第3 食物アレルギーに 関する情報提供について留意すべき事項」をよくお読みいただき、国民および行政を敵に回すことのないようご案内申し上げます。

調査結果
社   名 担 当 者 様 の コ メ ン ト(抜粋)
カネボウフーズ 1: 弊社ではカップそばは平成14年2月に 終売しており、今後の発売は未定でありますが再発売する場合を想定し、ライン洗浄をどの様に、どのくらい行なったら、 アレルゲンが検出されなくなるか科学的データーを収集中です。洗浄方法が確立できれば、その洗浄方法や工程検査方法を製造基準書 に組み入れた上で、製品化をしたいと考えております。但し、現時点で、そばと同じ生産ラインで 製造する他の製品に関して、安全の上にも安全を期すため、原則として「本品を生産している製造ラインで、 そばを含む製品を製造しております」の表示をする必要があると考えております。
2: コショウにつきましては、供給メーカーより原料品質規格書・原料安全規格書を入手して、 そば混入のないものを使用しております。
 弊社といたしましてはアレルギーを持つ人が増える中、アレルギー物質の表示は重要と考え、積極的に情報を開示し品質確保に 万全を期し、よりよい商品の製造・販売に努める所存でございます。(2003年4月)
渇チト吉 猪瀬さんが問い合わせてくださいました。「そばと同一製造ラインの製品には 注意喚起表示を記載。同一工場内の別ラインでそば粉を使用した製品を製造している場合は 表示はしないものの、区画などでコンタミ防止に努めている。」とのことです。 (2003年4月)
鰍ィやつカンパニー 1: 弊社ミニカップ製品では、同一ラインにて、そば 製品の製造と、そば以外の商品(ラーメン等)を製造することがございます。ラインでの製造製品切替時には、徹底してライン 洗浄清掃をし、コンタミネーションが発生しないよう気をつけております。また、該当商品に関しましては、ご注意いただけるように、 「本製品製造施設では、そばを含む製品を製造しています。」という表示を行っております。 (弊社スナック製品におきましても、上記と同様に、同一製造施設でそばを使用している製品に関しては、 徹底洗浄及び一括表示の枠外での注意喚起表示を行っております。)
2: カップ製品・スナック製品問わず、弊社製品に使用している原材料につきましては、すべて アレルゲン調査を行っております。「コショウ」に関しましても例外ではなく、アレルゲン調査を行い、現在弊社にて使用している コショウにはそばを含むコショウは使用しておりません。
3: (ベビースター「そば」シリーズ商品についての設問:自ら「そば」入り 食品を避ける知識・判断力のないそばアレルギー児が手にする可能性を考えるとかなり危険な商品と常々感じております。事故を 防ぐための対策として食品衛生法によるアレルギー物質表示だけで充分とお考えでしょうか。また、今後も販売および「そば」以外の カップスナックへの添付を継続される方針でしょうか。)
弊社「そば」カップ製品は、弊社にて長年継続して発売してきた定番商品であり、また、お客様からの ご支持も頂いており、現在のところ、「そば」製品の販売中止の予定はございません。 「そば」製品および他製品に関しまして、そばアレルギーにご注意いただけるよう、今後も引き続き、 アレルゲン調査及び、食品衛生法に従ったアレルギー表示を行っていく所存でございます。「そば」入り 食品を避ける知識・判断力のないそばアレルギーをお持ちのお子様に関しましては、保護者の方々に十分ご注意いただけるよう、 弊社といたしましても、保護者の方々からのご質問等に迅速にご返答し、また、ご理解いただけるよう努力して参りたいと考えて おります。(2003年3月)
寿がきや食品 1: 弊社製造工程にてそばの生産終了後、 製造ラインの洗浄作業を徹底し、且つ記録化しています。又弊社製品には「本品製造工場では、そばを含む製品 を生産しております」という表示を致しております。
2: 弊社にては原料仕入れ時に「納入規格書」を確認し、そばを含む アレルギー物質を一切含まない事を確認しておりますのでご安心してお召し上がりください。(2003年3月)
五木食品 1: 弊社では、乾麺、半生麺、加熱殺菌茹で麺(ロングライフ麺)において、 いずれの製造ラインでもそばを含む製品も製造しています。製造品目を切り替える際には清掃等 徹底して行っておりますが、現状の機械構造では完全にコンタミネーションを防止することは困難と考えています。今後、 改良改善等に努めて参る所存でありますが、そばアレルギーをお持ちの方はご注意くださいますようお願い申し上げます。 そば以外の製品について改版の都度、一括表示欄外に「本品製造工場では、そばを含む製品を生産しています」 の表示を行い、お客様に情報提供をしています。
2: 事例については認識しています。法規制は既に実施されており、これに先立ち、弊社では全ての 原材料についてアレルゲン調査を行っております。コショウは賦形剤を使用していないものを選定し、また、メーカーから提出された そばが含まれていない旨のアレルギー調査証明書にて確認しております。(2003年3月)
エースコック 1: 弊社では、そばの製造ラインで他の製品を 製造することがありますが、そばの製造後、他製品の切換えに際しては、製造ラインの洗浄清掃作業を 徹底しております。また、切換え直後の製品については、公定法に基づいた検査によって洗浄清掃に問題が無いことを確認して おります。
2: 使用する原材料のすべてにおいて24品目のアレルギー物質に対する調査を実施しており、 現在使用している「コショウ」につきましては「そば」が含まれていないことを確認しております。
 そばを含めアレルギー物質全般についての対応に万全を期すことを通して、今後もお客様に安心して お召し上がりいただける商品を提供して参ります。(2003年3月)
サンヨー食品
(サッポロ一番)
1: 弊社におきましてはカップそばを一昨年の 一時期販売しておりましたが3ヶ月間だけで終売し、現在のところそば製品はラインナップしておりま せん。今後しばらくの間発売の予定はございませんが、もし発売を想定いたす時は、ライン洗浄をどのくらい行ったらアレルゲンが 検出されなくなるかを化学分析の上確定し、その洗浄方法をマニュアル化した上で製品化いたしたいと考えております。
2: 加工食品におきましては省令により、そばを含む特定原材料の 5品目はアレルギー表示義務が定められておりまして、ご質問のようなケースでも表示義務がございます。弊社におきましては 特定原材料を含め、表示を推奨されている他の19品目につきましても全ての原材料の末端まで把握し、24品目のアレルギー物質 はすべて表示を行っております。(2003年3月)
シマダヤ 1: そばのコンタミネーションを完全に防止する 事は、製造ライン構成や、製造機械の構造から現状では、かなり困難と考えております。しかしながら、製麺機械の洗浄方法の見直し や、行程ライン構成の見直し、また製造装置の改良などコンタミネーション防止を目的として、昨年末に公定法となったアレルギー 検査キットを用いて、コンタミネーション実態の把握に努めております。昨年の秋・冬商品より、同一工場で 日本そばを製造している商品については、一括表示欄外に、「本品製造工場では、そばを含む製品を 製造しております」等の表示を行なうことにより、お客様に情報を提供しております。弊社製品により、そばアレルギーを 起こすことがないよう、これからも努力していく所存でございます。
2: 全ての商品についてアレルゲン調査を行っております。胡椒は、スープ・ソース類で使用して おりますが、弊社で使用しております胡椒にはそばそば殻含む)は 含まれておりません。今後も調査、チェックを厳重に行ってまいります。(2003年3月)
明星食品 1: 弊社そば製造ラインでは、他の麺類 (ラーメン等)を製造することがございます。但し製品切替時は、サニタリーマニュアルに従って、そば の混入がないよう、十分に気を付けて洗浄作業にあたっています。また、当該商品に関しましては、「本品製造 工場では、そばを含む製品を生産しています。」という注意喚起表示を製品に表示しております。
2: 弊社商品中には、「コショウ」を使用している商品が多数ございますが、 「そば」が含まれるコショウは一切使用しておりません。また、コショウ原料につきましては、 納入メーカーよりそばが含まれていない旨のアレルギー調査証明書を受領し、確認しております。
 引き続きアレルギー情報の収集に細心の注意を払うと共にお客様に安心していただける商品を提供させていただく所存でございます。 (2003年3月)
東洋水産
(マルちゃん)
1: 弊社では同一ライン上で、そばとそれ以外の 麺類を製造することがあります。そば兼用ラインでは、清掃確認、記録、製造順番など そばが他の製品にコンタミネーションしないよう防止対策を講じております。また、 そば切り替え直後の製品については公定法(ELISA法)検査キットを用いて清掃状況に問題がないことを確認しております 。
2: そば混入コショウについては、供給メーカーに対して使用原材料の 再調査を行ない、品質規格書を入手してそば混入のないものを使用しております。(2003年3月)
日清食品 1: 弊社では、そばを生産したラインでそば以外 のめん類を生産することがありますが、その際には徹底した洗浄を行っています。そして、切り替え直後の製品を最新の公定法に従った 検査キットを用いて検査し、洗浄が十分であることを確認しています。
2: 厚労省のQ&Aのような事例があることを把握した上で、コショウの品質を 厳しくチェックし、そばの混入していないコショウを使用しております。なお、コショウに そばが混入する場合も、表示しなければならないことと決議しております。
 以上、弊社ではアレルギー物質そばについて徹底した管理を行っておりますので、どうぞ安心して お召し上がりください。(2003年2月)
鰍ヘくばく 直接問い合わせはしていません。同社サイト、Q&Aのページ「乾麺(うどん・冷麦・ 素麺)について」からの引用です。
Q: そばも生産しているようですが、うどん等の製品には、そばアレルギー の心配はありませんか?
A: 当社の乾麺工場では、うどん・冷麦・素麺など白物の麺を生産しています。そば は別工場での生産になりますので、同工場・同ラインでの製造の心配はありません。ただ、乾麺の原料となる小麦粉をミックス する機械では、そば粉のミックスも行われています。洗浄などを行いますが、ひどいそばアレルギーを お持ちの方は、商品をお召し上がりの際にはご注意くださいますよう、お願い申し上げます。また、オーストラリアで生産しています 有機乾麺に関しましては、白物の麺もおそばも同工場および同ラインを使用することがございますので、 そばアレルギーをお持ちの方は、ご注意ください。
ユーコープ事業連合 危ないものリスト「そば混入うどん」の項から移動しました。利用している生協から いただいた情報です。
(コンタミネーションの調査結果で)ユーコープ開発商品コープ《熟成うどん》は該当するため、 裏面に「※本品生産工場では、そばを原料とした製品も製造しております。」の欄外表示をしています。 (2002年6月)

完全無視
社   名 私 の コ メ ン ト
渇。山製麺工場 2003年3月4日投函。
十勝新津製麺 2003年3月18日投函。
イトメン 2003年3月18日投函。

 製麺業者は大変数が多く(*)、すべてがそばを扱っている訳ではないにしても、 とても調査しきれるものではありません。一部企業のみの調査となりました。
 コンタミネーションについては概ね二通りの対応が あります。ひとつは公定法のアレルギー物質検査を実施してコンタミネーションのない ことを確認している企業、いまひとつは完全な防止は困難として「本品製造工場ではそばを含む製品を生産して います。」といった注意喚起表示をしている企業です。注意喚起表示自体は厚労省のQ&A(*2)のB−7でも認められており、全国製麺 協同組合連合会の生めん類の表示に関する公正競争規約施行 規則でも採用されている手法ですが、Q&AのC−1で禁止されている「可能性表示(入っているかもしれません)」と実質的な 意味は変わりません。私たちは「そば入りである」と受け取ったほうがよいでしょう。コストはかかるでしょうが、 設備の専用化や検査の導入により、言い訳なしで自慢の製品を提供していただきたいものです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
*  生麺:約2300企業(全国製麺協同組合連合会 傘下)
   乾麺:約2100工場(全国乾麺協同組合連合会 による(組織率80%))
   即席麺:約40企業(日本即席食品工業協会傘下)


そばアレルギー

目 次  危ないものリスト  オピニオン  外遊される方へ  コショウ調査  めん調査  参考文献1  参考文献2  リンク

ROD & SCREW TOP PAGEに戻る