そばアレルギー コショウ調査

目 次  危ないものリスト  オピニオン  外遊される方へ  コショウ調査  めん調査  参考文献1  参考文献2  リンク



 厚生労働省が発出した 通知(*1)アレルギー物質を含む食品に関する表示について 別添2 のQ&A(*2)には そばは、こしょう等の調味料に含まれる場合もある旨記載されています( たしかな目のテストでも香辛料17銘柄中2銘柄でそばが検出されました)。 厚労省の言うようにそばがコショウ等に含まれているとなると、多くの料理・食品に目に見えない形で そばが含まれることになります。そばアレルギーはごく微量の そばの摂取で発症し、重症の場合は死に至るため、このようなコショウ等の存在はわれわれにとって生命にかかわる大変な脅威です。 そこで、香辛料業界の各社に、製造・輸入、販売しているコショウ等にそば が含まれているかどうか、そばが含まれているものがあればその製品名、そば がコショウに含まれる理由の3点を問い合わせました。2001年6月より順次質問状 をお送りし、これまでに得られた結果を以下にまとめました。ご回答頂いた各社に御礼申し上げます(順不同・敬称略)。
 そば入りコショウメーカー、ブランド名をご存知の方は是非お知らせください。 うちの製品は大丈夫というメーカー様もお知らせください。
 未だに調査にご協力いただけない業者様におかれましては厚労省の 通知 別添1 の「第3 食物アレルギーに 関する情報提供について留意すべき事項」をよくお読みいただき、国民および行政を敵に回すことのないようご案内申し上げます。

製造・輸入、販売しているコショウにそばを使用していない
社   名 担 当 者 様 の コ メ ン ト(抜粋)
潟Jネカサンスパイス そばそば殻を含む)を含む香辛料製品は、製造及び 販売はしておりません。ご安心戴けますようお願い申し上げます。市販されているコショウにそば粉 が含まれたものがあり、それを食された方がそばアレルギーを起こした旨の新聞報道がありました(2年ほど前、九州地区でのことと 記憶しています)。弊社では香辛料加工の副原料としてそばはそれ以前からも現在も一切使用しており ません。弊社の例では辛味調整・固結防止等の目的でコーンパウダー、米粉、植物性蛋白(大豆由来)などを副原料として使用した 製品があります。そばが含まれたコショウを市販するには、原材料表示に必ずアレルゲンである そばの表示が必要です。また、このようなコショウを使用した加工食品にも原材料表示に(そばを含む。)などとの表示を行うことが法的に正しい対応であります。(2003年1月)
日本スタンゲ 弊社におきましては、コショウに対してそばの添加は一切して居りません。 (2003年1月)
小林桂 1.使用しておりません。
2.存じません。
3.残念ながら持ち合わせておりません。(2003年1月)
潟Wーエスフード 弊社製品にて、そばに関わる原料は一切使用しておりません。工場内につき ましても、そばに関わる原料は使用していませんので、混入する可能性はありませんので、ご安心 してお使いください。今後ともそばを使用したコショウを製造販売していく予定はございません。 (2003年1月)
ハウス食品 家庭用・業務用も含めてそばを使用した製品はなく、今後もそばを使用したコショーを製造販売する予定もございません。(2001年6月)
ギャバンスパイス
(現ギャバン朝岡梶j
ブラックペッパー、ホワイトペッパーにつきましては、現在も、また、平成14年4月以降もそばがアレルギー対象として表示される予定はありません。安心してお使いいただけます。(2001年6月) (たくみ註:多くのラーメン店で見かける青と銀の缶。外食産業向けコショウのシェア50%以上といわれている。明示的に 使用していないと表明していないところがいまいち不安。)
エスビー食品 コショウ製品につきましては、そば粉を使用したものはございません。 安心してお召し上がりいただければと存じます。(2001年6月)
マスコットフーズ
(ヤスマ梶j
一般用・業務用を問わず、そばを含むコショウの製造・販売は過去を含めて 一切しておりません。
増量剤としてのそばを使用しているメーカーも過去には存在したと聞いて おります。(2001年6月)
ライオン
(マコーミック)
当社では一般用・業務用を問わず、純粋なコショウだけを用いており、そば を含むコショウは販売しておりません。
原料の輸入価格が天候や経済状況に左右されるため、販売価格安定のため増量剤として 入れていると思われます。また、そばの実の殻の剥き方によって黒コショウや白コショウに入って おります。(2001年6月)
潟iイル商会 カレー粉・ホワイトペッパー・ブラックペッパーその他の各種スパイスにはおそば に関するものは一切使用しておりません。工場内にそばに関するものは置いていませんので 混入の心配もございません。コショーの増量剤にそば殻が使用されているとの報道は驚きの内容であり、 弊社にとっても大変迷惑な話であります。(2001年6月)
日本食研 原料としてそばを使用しておりません。ご安心ください。 そばを使用することはアレルギー体質の皆様にとって危険であり、使用(表示)そのものが商品的デメリットになると 感じています。他の特定原材料についても除去または置換を検討中です。(2001年6月)
潟_イショー 弊社にて製造の調味料にそばは原料として含まれません。コショウは100% 純粉末で供給先からの確認も取れているので、ご安心下さい。食品メーカーとしての責任を痛切に感ずる次第です。(2001年 7月)
テーオー食品 当社ではそばを含むコショーについては製造・販売いたしておりません。
コショウと色が似ている、増量剤として使用してもそばの臭いが出ない、原料が安価で安定供給されて いるという理由からそばの実の外皮を使用していたことがあるようです。(2001年8月)
朝岡香辛料
(現ギャバン朝岡梶j
当社はそばを含むものの製造・販売はいたしておりません。(2001年8月)
ユーコープ事業連合 《コープかながわ コープしずおか 市民生協やまなし などの商品を扱っている生協の連合体。6月 19日投函分に回答はありませんでしたが、11月5日付で利用している生協を通じ再度質問と意見(および12月18日付生協の依頼による要約 )を出したところ、2002年1月22日、文書により回答を頂きました。以下に要旨を記します。》
1.そば入りコショウについて
そばを含むコショウは販売しておりません。現在取り扱っている粉コショウはコープブランド(詰替え 用)ハウス、SBの3社で、いずれもコショウの実のみを原材料とする製品です。メーカーにも聞いてみましたが、そういったものは 見たことがないそうで、資料も入手できませんでした。
2.表示およびコンタミネ―ションに関する意見について
微量でも(1ppm)表示が義務付けられています。コンタミネーションについては、製造ラインの洗浄などの努力と管理を求めて いきます(法律も同様です)。

ほとんどの粉末コショウは増量材を使用している
社   名 担 当 者 様 の コ メ ン ト(抜粋)
某 専 門 店               ほとんどのスパイスメーカーの販売する粉末コショウは、小売り製品、業務用製品にかかわらず、 そば粉が増量材として入っていると思って間違いありません(パン粉、米粉などが 使用される場合もあります)。今後もこの状況は変わらないものと思います。
粗挽きコショウか粒コショウを挽いて使って ください。絶対に粉末コショウはお買い求めにならないようにしてください。
(2001年6月)

完全無視
社   名 私 の コ メ ン ト
高砂スパイス 2003年1月21日投函。
RAPS Japan Co.,Ltd. 2003年1月21日投函。
住金物産インテック 2001年6月19日投函。独・RAPS社のスパイスを扱っている。国内でのブランド名不明。
全日本スパイス協会 2001年7月7日投函。個人の調査には限界があるため、そば入りコショウ のメーカー、製品名などにつき情報が入手できれば教えて欲しい旨、また、そば そば殻を含む)をコショウ等の香辛料に使用しないことを業界標準とし、危険なそば入りコショウ を市場から駆逐していただきたい旨、お願いしました。

 多くのメーカーからそば使用していないとの回答を いただいた一方、ほとんどが使用しているとの情報もいただきました。回答を下さらないところもあり、 すべての業者を把握することもできないため、どのブランドのコショウにそばが含まれるのか特定できません でした。そういえば肝心なところに訊くのを忘れていました → 厚労省への手紙  (返事は「参考にさせていただきます。」とだけ。)
 宮城県塩釜市・坂総合病院の角田(かくた)和彦先生からいただいた情報によると、 そばの表示を避けるため、増量剤を大豆粉やパン粉に替えたメーカー、調整用のそば粉 や小麦粉を馬鈴薯でんぷんやデキストリンに替えたメーカー、コーンパウダーを混ぜた黒コショウを使っているメーカーがあるそう です。食経験やメーカーの回答からもほとんどが使用しているという程ではなく、他の食材への切り替えが進行 している様子が窺がえますが、粉末のものや自分で選べない業務用については一抹の不安が残ります。また、私の調査は そばのみを対象にしましたが、大豆、小麦など別の食物アレルギーをお持ちの方は何がコショウ等に含まれて いるかと言う視点で確認される必要がありそうです。
 食品衛生法では小麦、そば、卵、乳、落花生が特定原材料として表示が義務付けられている(*3)ほか、大豆など24品目も表示が奨励 されています。JAS法の加工食品品質表示基準(*4)でも5%以上含まれる原材料はその原材料名を表示しなくてはなりません(JAS法 では業務用製品は対象外)。
 そば入りコショウについては各社とも原料調査書(品質についての念書のようなもの)を取るなどして対応して います。コショウメーカーに「本当にそばを使ってはいけないんだな」と認識していただくために大変結構な ことだと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
*1  平成13年3月21日 食企発第2号、食監発第46号
*2  別添2 アレルギー物質を含む食品に関する表示Q&A F−4
 *1、2は上記のほか出版もされています。
*3 特定原材料由来タンパク質を10μg/g以上含む場合。
*4  平成12年3月31日 農林水産省告示第513号(PDFファイル)
この項で出した質問状、意見書などのテキストはこちら → 書簡


そばアレルギー

目 次  危ないものリスト  オピニオン  外遊される方へ  コショウ調査  めん調査  参考文献1  参考文献2  リンク

ROD & SCREW TOP PAGEに戻る